スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル輸入ワクチン、2月中旬にも接種開始(産経新聞)

 厚生労働省は13日、ワクチンの輸入が正式決定した場合、2月3日から出荷を開始する「出荷スケジュール」を公表した。各医療機関には出荷後1週間から10日で届くため、同月中旬にも接種が可能となる見通し。

 優先接種対象者はすべて国産ワクチンが行き渡る見通しとなっており、輸入ワクチンは健康な19歳から64歳の希望者に使われる予定。

 ワクチン輸入の可否は、15日の厚労省薬事分科会で検討し、長妻昭厚労相が最終決定する。正式に決まれば、スイス系「ノバルティス」製が2月3日に240万回分、英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」製が同5日に234万回分、出荷され、2月中に両ワクチン合わせて2989万回分が出荷される。

【関連記事】
新型ワクチン、一転「余る」 1億5千万人分を確保
俳優の死で新型インフルワクチンに殺到
60代以上の多くに免疫か 新型インフルと過去のウイルス分析
緑茶うがいでインフル予防 カテキンがウイルス活動抑制
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

有床診の発展には「制度的位置付けを」-日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
<出会い系>サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕(毎日新聞)
魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)
向井千秋さん、気象利用に一役=国際検討チームのメンバーに-気象庁(時事通信)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。