スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛根湯

葛根湯(かっこんとう)は、漢方方剤の一。出典は『傷寒論』・『金匱要略』。「葛」の文字を用い「葛根湯」と表記する場合もある[1]。構成生薬葛根麻黄桂枝芍薬生姜大棗甘草基本方剤である桂枝湯(桂枝・芍薬・生姜・大棗・甘草)に葛根・麻黄を加えたもの。表寒証用の方剤。桂枝湯は弱い発汗薬で、これに強い発汗薬である麻黄を加えより発汗作用を強化した。また、葛根には鎮痛作用がありとくに首筋の凝りをとる作用があるとされる。芍薬は漢方薬の代表的な鎮痛剤の一つ。生姜・大棗は方剤全体の副作用を緩和する目的でペアで多数の方剤に使われる。甘草には元来喉の痛みをやわらげる作用があるが配合されている量が少ないことからあまり効果が期待されておらず、副作用を緩和する目的で加えられたと考えられる。原典には、葛根と麻黄を先に煎じ、後から他の生薬を加えてさらに煎じるとされている。この方法は麻黄の主成分であるエフェドリンをより多く抽出することができる。適応風邪の初期で寒気があり、肩や首筋のこり、頭痛、鼻水、鼻詰まりなどの症状。 強い発汗作用があるので通常汗をかきやすいものには不向き。咳や喉の痛みには余り効果がない。口渇があるような明らかな熱証の場合には用いてはいけない。咳や関節の痛みが強いものには麻黄湯を用いる。虚弱者には桂枝湯や香蘇散を用いる。鼻詰まりを目的とする場合は葛根湯加川芎辛夷を用いる。肩こり。神経痛。 初期で慢性化していないもの。独活を加えた独活葛根湯もある。局方収載第十五改正の日本薬局方から、上記構成生薬を乾燥エキス化した「葛根湯エキス」(Kakkonto Extract)が収載された[1][2]。葛根湯を題材にした作品葛根湯医者(落語) 落語の枕話の一つ。「頭が痛い」「腹が痛い」「目が痛い」などのどんな患者にも葛根湯を処方して誤魔化してしまう。しまいには付添いの人にまで「まあ、いいから」と葛根湯を飲ませるという藪医者の話。葛根湯医という言葉は上記の通り藪医者という意味合いと、漢方薬というのは数種類の薬剤を調合した物であるから、必要とあらば一つの処方でも取捨選択次第で何種類ものバリエーションが存在するため、それを使いこなせる知識を持った名医であるという意味合いの、2つの側面を持つ。[3]脚注^ a b 「医薬品各条 生薬等 葛根湯エキス」『第十五改正日本薬局方』p1191、厚生労働省公式webペー

規約めぐり市側と対立か=県庁など捜索-町村会汚職・福岡県警(時事通信)
バンクーバー五輪 スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)
<雑記帳>バンクーバー五輪「聖火丼」食べて応援(毎日新聞)
米長官、普天間移設「現行案で進展を」=日米外相、同盟深化の協議開始で一致(時事通信)
下請け代金を不当に減額、神奈川の運送会社に再発防止勧告 公取委(産経新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。