スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<改正少年法>逆送は半数程度…8年間で 家裁慎重に運用(毎日新聞)

 故意に人を死なせた16歳以上の少年を、原則として家庭裁判所から検察官に送致(逆送)する改正少年法の施行(01年4月)から08年末までの逆送率が、殺人罪で58%、傷害致死罪が51%と半数程度にとどまっていることが最高裁の調べで分かった。改正少年法は少年の性格や生育環境を考慮して16歳以上でも逆送せず、家裁による保護処分の処遇も認めており、司法の現場が改正法を慎重に運用している実態が浮かんだ。

 最高裁によると、改正少年法施行以後の8年間に殺人罪が適用された16歳以上の少年は118人で、逆送されたのは68人(逆送率58%)。傷害致死罪は263人中133人(同51%)だった。強盗致死罪は79人中56人(同71%)と高い逆送率になった。

 一方、改正少年法が施行される前の10年間は、殺人罪(未遂を含む)が25%、傷害致死罪9%、強盗致死罪42%で、施行後の逆送率が大幅に上がったことも裏付けられた。

 逆送対象となった重大事件では、奈良県で16歳の高1男子が自宅に放火し、母子3人を焼死させた事件(06年/中等少年院送致)▽16歳の高1男子による山口県上関町の祖父母殺傷事件(07年/中等少年院送致)--などで、家裁が保護処分を選択している。

 殺人事件などに関与した少年を原則逆送し、刑事裁判を受けさせるとした少年法の改正を巡っては、少年の保護更生を理念とした少年法の理念に反し、更生にもつながらないとの意見が法曹界や専門家の間に根強かった。

 また、元東京家裁主任調査官の藤川洋子さんは「殺人は家族間が中心になることや、傷害致死は成人との共犯の場合も含まれることから、情状を考慮して保護処分を選ぶケースが多い」と、逆送率が半数程度にとどまる背景を分析する。

 改正少年法施行前の00年には西鉄バスジャック事件など「キレる17歳」の犯罪が相次ぎ、施行後の運用が注目されていた。【川名壮志】

【関連ニュース】
大麻所持容疑:中3女子を逮捕、「同級生にもらう」 兵庫
大阪弁護士会:高校生にも法教育 府内270校で出前授業
掘り出しニュース:「通行人に投げるため」 卵窃盗容疑で逮捕の少年
大麻所持:容疑の中3逮捕 「同級生からもらった」--神戸
時代を駆ける:土井香苗/3 「下から目線」の大切さ痛感

指揮者・ゲルハルト・ボッセ 88歳が紡ぐ“みずみずしい音楽”(産経新聞)
<築地市場移転>土壌汚染の除去実験に疑問 英科学誌が記事(毎日新聞)
【私も言いたい】高校無償化 「法律は修正すべきだ」8割(産経新聞)
仙台教諭殺害 自宅裏に血痕付き足跡 北へ数百メートル、犯人逃走か(産経新聞)
転落死 4歳女児、ベッドで飛び跳ね窓から 兵庫のホテル(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。